March 25, 2019

平成30年障害者優秀スポーツ選手表彰がおこなわれました

米澤 諒 選手

 北京グランプリ 400m 第1位

 ジャパンパラ 800m 第1位

 日本ID陸上競技選手権大会 800m 第1位

 関東パラ 800m 日本新記録、アジア新記録樹立

眞次駿英 選手

 日本ID陸上競技選手権大会 400mH 第1位 日本新記録

January 19, 2019

第22回 ゆうあいピック駅伝 クォーターの部 優勝

 第1区 岸田 悠弥 選手

 第2区 東  雄飛 選手【区間賞】

 第3区 加藤     諒 選手【区間賞】

 第4区 眞次 駿英 選手【区間賞】

 第5区 米澤  諒 選手【区間賞】

October 13, 2018

川下葵 選手加入

福井県で実施されていた全国大会。

アップを終え、いざレースへ!!  の更衣室内で、ダイバーシティに入りたいことを打ち明けてくれた葵選手。慣れていない相手と話すことが苦手な葵選手が、大好きな陸上のおかげで勇気を出して自分の意思を私に告げてくれたこと。その勇気とこの決断、絶対後悔させません!!

August 03, 2018

日本新記録達成!! 眞次駿英選手 男子400mH(T20)

400mH(61秒07)で、日本新記録達成!!

日本ID陸上競技選手権大会

@岐阜・長良川陸上競技場

June 29, 2018

アジア新記録&日本新記録達成!! 米澤諒選手 男子800m(T20)

800m(1分55秒65)で、アジア新記録&日本新記録達成!!

関東パラ陸上競技選手権大会

@町田市・町田市立陸上競技場

February 24, 2018

米澤諒 選手加入

まさか米澤くんが。。。米澤一家が。。。Diversityの門をたたいてくれるとは夢にも思ってもいませんでした。さらなるスピード強化のために、これからDiversityのメンバーと一緒に練習を重ねます。勤務先のエスプールの支援も受けて、まだまだこれから米ちゃんは進化して行きます!!

October 29, 2017

2年連続3冠大会新記録達成!! 鈴木裕貴選手 100m、200m、4×100mリレー(T20)

100m(13秒23)・200m(27秒99)・4×100mRで、自身のもつ記録を更新する形での大会新!!

愛顏つなぐえひめ大会

@愛媛・愛媛県総合運動公園陸上競技場(ニンジニアスタジアム)

October 26, 2017

愛顔つなぐえひめ大会に千葉県代表選手として出場

全国障害者スポーツ大会

愛顔つなぐえひめ大会に千葉県選手団の一員としてDiverisity A.C.千葉からは、以下の6名が選ばれました。

鈴木裕貴 選手

青木大地 選手

眞次駿英 選手

岸田悠弥 選手

宮内勇大 選手

大門寛子 コーチ

September 23, 2017

日本新記録達成!! 鈴木裕貴選手 女子200m(T20)

T20女子200mの記録を14年ぶりに27秒02で更新!!

WPA公認2017ジャパンパラ陸上競技大会

@福島・とうほうみんなのスタジアム

August 05, 2017

大会新記録達成!! 鈴木裕貴選手 女子100m(T20)

100m(13秒13)で大会新記録を更新!!

日本ID陸上競技選手権大会

@岐阜・岐阜メモリアルセンター長良川競技場

September 14, 2017

ASA松戸東部提供 遠征用バッグ完成✨

私たちにバッグを作ってくださったASA松戸東部の熊谷所長。

通りすがりにDiversityを見つけてくださっただけ。

それなのに!! 応援してくださる気持ちをバッグ提供という形にしてくださるとのこと。。。こんなことってあるんですね!!  あるんですよ!!!!

自分たちを応援してくれるのは、家族や仲のいい友達だけだと思っていた。「朝日れすか」への掲載のおかげでDiversityの活躍を楽しみにしてくれている、まだ会ったことも話たこともない誰かがいるのは間違いないみたい。

ふと振り向くと、いくつもの新しい道が自分たちの後ろに出来上がっていることを知るワクワク感。本当に感慨深いです。

このリュックを背負って向かった初遠征ジャパンパラ(福島)で、裕貴選手が日本新を出すことになります。なんて縁起のいいバッグ!! そして、このバッグを背負っていると遠征地でも通りがかりの松戸や千葉県ゆかりの方々に話しかけてもらえるのです!! 熊谷さん、本当にありがとう!!! 

御礼の挨拶で伺った際に、バッグもらったばっかりなのに、次は駅伝用のベンチコートが欲しいね!! 「あはははは!!」なんて盛り上がって御免なさい・・・。

競技を頑張る以外に、何か私たちにもできることはないかと考えた結果、微力ではありますが…

ASA松戸東部地域の朝日新聞購読の

お問い合わせは、コチラから

!!!

October 23, 2016

3冠大会新記録達成!! 鈴木裕貴選手 女子100m、200m、4×100mリレー(T20)

100m(13秒33)・200m(28秒41)・4×100mRで大会新記録を更新!!

希望卿いわて大会

@岩手・北上総合運動公園北上陸上競技場

October 21, 2016

希望卿いわて大会に千葉県代表選手として出場

全国障害者スポーツ大会

愛顔つなぐえひめ大会に千葉県選手団の一員としてDiverisity A.C.千葉からは、以下の3名が選ばれました。

鈴木裕貴 選手

青木大地 選手

大門寛子 コーチ

October 27, 2016

INAS世界陸上選手権大会(THAI)に出場

INAS世界陸上選手権大会(THAI・Bangkok)に日本選手団の一員としてDiverisity A.C.千葉からは、以下の2名が選ばれました。

鈴木裕貴 選手

清水崇史 コーチ

October 27, 2016

INASグローバルゲームス(Ecuador)に出場

INASグローバルゲームス(Ecuador・Guaranda)日本選手団の一員としてDiverisity A.C.千葉からは、以下の3名が選ばれました。

清水崇史 コーチ

​柴 文人 コーチ

大門寛子 コーチ

May 21, 2016

岸田悠弥 選手加入

遭遇場所:千葉県総合スポーツセンター

県大会の数週間前に、清水コーチと岩名で偶然再会を果たしていた岸田悠弥選手。この年の県大会には不参加だったがDiversityとの顔合わせをするためにスタンドへ来場、その場で加入を決める。いろんな意味でDiversityのコーチたちがすごい!! あつい!! と絶賛してくれる岸田選手。でも…すごいのは岸田の方だぁ!! この出会いから1年後に開催された県大会を制覇し、見事3年ぶりの代表入りを決め、全国大会で自身初の金メダルを千葉に持ち帰ることになる。

June 13, 2015

鈴木裕貴 選手加入

遭遇場所:千葉県総合スポーツセンター(第2陸上競技場)

あれは……忘れもしない千葉県障害者スポーツ大会での出来事。Divresityのコーチ陣がサブトラを移動していたところ、お母さんとベンチに座っていた女の子がすくっと立ち上がり、こちらにズンズンと近づいてきながら「Diversityですか? Diversityですよね? Diversityに入りたいのですが!!」と、前のめりの鈴木裕貴選手(笑)今では、この出会いに猛烈に感謝しています!! さすがセンスのある選手は、チームを選ぶ直観力にも長けていた(笑)さまざまな自身の課題をトレーニングや周囲ので克服した彼女は、毎年全国ランキングを一歩づつ上げ、3年後には女子200m(T20)日本新記録を樹立することになる。

March 07, 2015

安蒜拓司 選手加入

チームのメンバー2人じゃ寂しいなぁ〜 あっ!! そうだ!! 安蒜くんに電話しよう!! 人並み外れた呼吸器をもつ安蒜選手のことを思い出し、大門コーチが電話でスカウト。1年ぶりに一緒に練習。やっぱり超人は、超人なんだ…と走りを見て実感。超長距離選手の才能を秘めた走りを見るたびワクワクします。

December 07, 2014

Diversity A.C.千葉 発足!!

2014年12月8日に、千葉県内で初の知的障害のある選手を中心とした陸上クラブチームとしてDiversity A.C.千葉が創立。なんと! あの眞次駿英選手が最初に加入したメンバー!! この12月8日には、秘密があるとかないとか。。。宝石とは一切関係ありませんので、あしからず。

Please reload

© 2023 by Beyond the Frame. Proudly created with Wix.com

  • Grey Facebook Icon